2010年07月06日

松山沢川

というわけで、本命としていた川の中流部が濁りの
ために釣りになりません。夕張方面に抜けて上流に
向かうか?ま、とりあえず札幌方面に戻ろう。途中
良い川があったら入ってみようか。というノリで。

最初に出合った川はこの川に左から流れ込む支流です。
P7060018.jpg

ぬるぬると滑るわ、魚君の反応は無い、おまけに少し
釣り上がったらいきなり堰堤です。こりゃ駄目だわ。

次に入った川はこんなトンネルがありました。右、左?
P7060020.jpg
こんな川でもちょっと上を詰めてみましょう。なぜなら
さっきの川と違い入ってすぐに魚の反応があったからです。
P7060023.jpg

こんな細い川のこんなポイントから意外や意外
P7060022.jpg

こんな良型のニジマスが、サイズは25センチくらい?
さらに上を詰めるとこんなポイントが現れ
P7060026.jpg

こんなニジマス君も。27センチ泥まみれ。
P7060025.jpg
更に釣り上がると、こんな渓相も。
P7060031a.jpg
ということで全く知らない川で結構楽しく遊ばせてもらいました。
十分満足したので今日はこれにておしまいです。


posted by yag at 20:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釣野さん、こんばんは。

このトンネル、もちろん右です!。
何故なら・・・「ひ・み・つ」(笑)。
それにしても依然好調をキープされていますね。
流石でございます。
今年はこのままドカドカ行っちゃいそうですね。
Posted by hal30over at 2010年07月06日 21:21
こんばんわ〜

適当に入った川で釣れると
なんか発見した感じでうれしいですよね(^^)v

それにしても魚が居そうにない感じなのに
魚影が濃いですね〜!

まだ奥まで行くと楽しそうな川ですね〜(^−^)
Posted by tosu at 2010年07月06日 21:59
halさん こんばんは〜
その通り、正解は右でした。何故って?秘密です。
この辺りは熟知しているはずであろうhalさんですが
この一見ショボイ川は入ったことあり?下に比べて
上のほうはルアー飛ばせるとこも結構ありでした。
川って一箇所や二箇所見ただけでその川の全てだ
と思い込むのは大間違いでしたね。
Posted by 釣野好雄 at 2010年07月06日 23:00
tosuさん こんばんは=
そうなんですよ、全くテキトーに入ったにも
かかわらず、釣れるニジマスのアベレージは
立派なものでした。ただポイント間の距離が
開くのが難と言えば難ですけど。
初めて入った頃のラルマナイや白井川の様な
驚きがありました。もっと奥まで行きたかった
のですが足が攣ってきて・・・あたたでした。
Posted by 釣野好雄 at 2010年07月06日 23:07
最近此の川に放流をしていませんで 山女魚を見る事が出来ないと思います
それにしてもニジと楽しまれましたね 何よりです
Posted by ゆいのじじ at 2010年07月07日 19:40
釣野さんこんばんわ
みなさん写真見ただけですぐどこの川かわかるのですね
私にはさっぱりわかりませんw
知らない所での釣果は嬉しいですよね
Posted by 馬平 at 2010年07月07日 21:03
じじさん こんにちは
そうなんですか、支部では放流してないのですね。
結構堰堤で寸断されるし、その堰堤も魚道無しでは
放される魚も気の毒ですよね。ま、ニジマスと遊べた
から良しとします。
Posted by 釣野好雄 at 2010年07月08日 12:02
馬平さん こんにちは
写真ではなく、僕の行動パターンが皆さんに
完全に読まれてる、ということです(笑)
今回入った3本目の川は地図にも載ってない
マイナーな川でした。橋のところで川の名を
確認しました。そんな川で思いがけず良い釣り
が出来たときは、してやったり!って感じです。
Posted by 釣野好雄 at 2010年07月08日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。