2007年03月27日

生まれ故郷の川

11200001.jpg


僕が生まれて13歳まで育った佐呂間町若佐。
そう、去年竜巻で9人もの方が亡くなった町だ。
その現場から1キロほど行くとこの川をまたぐ。
「武士川」という名前。少年時代、何度も
魚すくいに来た川。ヤマメがバケツいっぱいに
なるくらいすくえた。ついでに近くの畑から
スイカを失敬したりして、暗くなりかけた砂利道を
仲間達と急いで帰ったものだ。
一昨年訪れた時は、ずいぶん川が細くなったと
感じたものだが、逆に言えば自分が太くなった
せいなのかもしれない。


posted by yag at 17:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思わず竿を振りたくなるような落込みですね。
こんなこと思うのは(^H^)だけ?
なんかのどかな里川のような感じですね。
子供の頃よく近くの沼でフナを釣っていた頃
を思い出します。
今の子供達はどこで釣りを覚えるのでしょうか?
かわいそうな環境です。
Posted by 苫小牧(^H^)vです at 2007年03月27日 17:43
こんばんは。
偶然ですが、私もオホーツク海に面した小向
(こむかい)という小さな町で11歳まで過ごしました。
牧場の間を流れる幅2mくらいの川で、アカハラや
アメマスを釣ったのを覚えています。
(そんな前からウグイとはお友達です!)
昨年カラフト釣行の際に探したのですが、
見つけられませんでした。
Posted by かげまる at 2007年03月27日 18:09

本間さん こんばんは。
この川は佐呂間別川の支流で、下流には
堰堤があり、深みで大きいのが釣れていたようです。
写真のあたりは当時、藪川で釣りにならなかった
ように記憶してます。ところどころに胸まで浸かる
深みがあり、溺れそうになりながら網を当てたり
魚を追い込んだり・・・楽しかったです。
Posted by yag at 2007年03月27日 18:53

ウエーディングシューズがお揃いのかげまるさん
こんばんは。小向の出身なのですね。
子供の頃は交通手段が自転車か徒歩しかなかった
ので、行動範囲はたかが知れてました。家の
すぐ裏手を佐呂間別川が流れていて、もっぱら
ウグイばっかり釣っていました。
ウグイに関しては大王様より先輩ですぞ。
Posted by yag at 2007年03月27日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。