2007年03月29日

ドライフライでの挑戦

0904.jpg

ドライフライでの釣りは面白い。
何がって、水面を割って魚が出てくる一瞬はたまらないし、
フライフィッシングの醍醐味がぎゅっと凝縮されているようで
やめられない。魚はあそこにいる、どう流そうか、あそこに
流したら魚は必ず出てくる。そう読んで、狙い通りのところに
フライがキャストされ、狙い通りのところで魚がガバッっと
水面を割って出てくる快感は何事にも例えがたいものだ。

フィッシングプレッシャーの強い札幌近郊で釣りをやっていて、
去年までは尻別川での35センチがドライでの最大サイズだった。
ドライで大物はなかなか難しいと聞いていたので、そんなものか
と思いながらの昨年秋の白井川。特段、大場所でもないポイント
ででかいエルクに飛びついてきたのが、ドライでの記録となる
40センチのビッグなレインボウだった。
これがきっかけでビッグフライ=ビッグトラウトの方程式が再び
自分の中に復活した。(本当は小さいフライが見えないだけだ)

今年は例年以上に大きなフライを巻いて、今まで以上でっかい鱒
を狙ってやる。釣り人の意欲だけは満々だが、はたしてどんな年
になるのだろうか。早く来い、ドライシーズン!


posted by yag at 13:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
お魚がアタックする瞬間を見ながらの釣りはスリリングですよね!
私も夢でフライをしたとき見ました。(笑)
ルアーでもお魚がチェイスして来るとついつい
「食えっ食えっと」叫んでしまいます。
Posted by かげまる at 2007年03月29日 20:20
こんばんは
ワタクシも昔フライでイワナを釣りましたが
比較的浅い川で
ガバッというよりモコッと出てきたイメージでした
今年の夏場にはそのデカイフライでそのガバッ
を体験してみたいですね
Posted by TOKI at 2007年03月29日 21:05
かげまるさん こんにちは。
ブログのアップはいつですか?
多分週末は海アメでしょうか。
僕も釣りの夢は時々見ます。
大物が掛かって、アワセをくれて
やってる途中に目が覚めたりします。
魚を釣り上げた夢はまだ一度も
見ていないってのが、寂しいです。
Posted by yag at 2007年03月30日 11:22
TKさん こんにちは。
相変わらずあちこちに出没していますね。
案の定、冬眠せずに冬を越したようで何よりです。
週末はまた、海アメにテレパシーですね。
1号、2号なかなか面白いコンビで、今後も
期待がもてます。
PS:イワナはモコッとしてますが、ニジは
ガバッと来ることが多い気がします。
Posted by yag at 2007年03月30日 11:32
こんにちは。
やはり、大きな鱒には、大きなフライでしょうか?
自分の持ってるフックは、最大で#10です。
#6・8買っておいた方がいいかな〜?
今年は、大物釣るぞ〜!無理かな?
Posted by μ at 2007年03月30日 13:52
μさん こんにちは。

ブログ順調で何よりです。絵文字まで入ってるし。
ところでビッグフライ=ビッグトラウト、これは
多分、妄想でしょうね。ミッジにだって大物は
飛びつくし、chuelさんのフライも平均は#14
ぐらいではないでしょうか。
でかいフライを使うのは、劣った視力をカバー
するため、見やすくしているだけです。
おまけに、巻くのも簡単ですから。でも最初のうち
は#14をメインで使ってましたよ。
Posted by yag at 2007年03月30日 15:49
こんばんは。
ちょっと来ないうちに随分と更新されていますね。
リンク先も随分増えてきてなかなか書き込みが
追いついていかなくなります。

ドライの毛鉤に、ガバッとか、もこっとか、
いろんな表現があると思いますが、私の場合
どちらかというと、パシャが多いかな・・・
小物ゆえ・・・
Posted by 『かわせみ』 at 2007年03月30日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。