2007年09月24日

ラルマナイは魚棲まず

P9230017.JPG


昨日ラルマナイ川に寄ってみた。白扇の滝から2キロほど
上流に上がった道路沿いに河原に降りられる道がある。
水は澄んでいて渓相は抜群である。ところが第一線級のポイント
でも魚の反応が無い。ここから約5キロで支笏湖線の山水橋が
ある。この橋から下流数キロまで以前は元気のいいニジマスが
釣れたが、ここ数年は釣れていない。ところが滝より下流では
今年もニジマスを釣っている。一体どうなっているんだろう。
だんだんと「魚棲まず」のラルマナイに戻っている気がしてならない。
(写真は階段状の流れが美しいラルマナイ中流域)
posted by yag at 18:39| Comment(10) | TrackBack(1) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
惜しいですね、渓相と水は抜群に綺麗なのに!
白扇の滝から上流はかなりの流提があるので
途中の砂防に魚道さえあればと、思いますね。
Posted by 『かわせみ』 at 2007年09月24日 19:44
かわせみさん こんばんは。
本当に素敵な渓相で、魚が居そうなポイントが続く
のですが、出てこないのが不思議なくらいです。
余程の川で無い限り普通は何らかの反応があるもの
です。ラルマナイがその「余程の川」になりつつある
という危機感がありますが、何をしたらいいものか。
Posted by 釣野 at 2007年09月24日 22:47
こんばんは。
滝より下はイザリダムから登ってきているのがいるのでしょうか?
滝より上は確かに虹はいましたが、最近はいないとは
抜かれすぎ?
銀座に近い渓流だからありえますね。
Posted by yamame at 2007年09月24日 23:34
yamameさん おはようございます。
この川、どこかの湖と違いかなり厳しい状況下に
ありますね。釣り人が多いのは仕方ないにせよ
やっぱり不要な堰堤を作りすぎです。滝から
漁ダムまでの短い区間は堰堤が無いので魚たちは
細々と生きています。ただこの区間だって何時
堰堤を作られても不思議ではありません。
これでもか、これでもかとばかりに川が破壊
されていくのは偲びがたいっす。
Posted by 釣野好雄 at 2007年09月25日 10:53
釣野さん、こんにちは。
ラルマナイのこの区間、以前一度だけ釣りをした事があります。
簡単に川へ入れる所と、凄い狭い林道を下って行く所が有ると思うのですが、自分は狭い方から入渓しました。
渓相は抜群でしたが、やはり魚の反応は無かったですね。
タイミング次第なのかもしれませんが、魚は窮屈な思いをしているのは間違いなさそうです。
そして釣り人も多いので尚更でしょうね。
Posted by chuel at 2007年09月25日 12:16
chuelさん こんばんは。
この区間、魚ほとんど居ませんね。この川あちこち
釣ってますが、昔からあまり反応がなかったです。
たまに出ることがありましたが、近年は泣かず飛ばず
です。でもあまりに渓相が良く、魚も居そうな雰囲気
なのでついつい足を運んでしまいます。自然繁殖が
出来ない環境なので放流魚も釣られてしまい、その後
放流されていないのではないでしょうか。
Posted by 釣野 at 2007年09月26日 00:40
釣野さん、こんばんは。
良い渓相なのに魚が居ないのは残念です、ニジマスさえも抜かれてしまうのが私は理解できません、堰堤が多くても上流で繁殖していれば少しは居てもおかしく無いと思いますが。
今回いった渓は入渓地点で釣れて中間は反応が無く、その上流でまた釣れ始める不思議な感じの川でした。
Posted by BOB at 2007年09月26日 21:33
こんばんは
いらない堰堤は造らせてはダメだし
今あるものもいらないのは壊すか魚道を造らないと
どんどん放流しない限り魚はいなくなってしまうでしょうね
まずダムなどを造る側に意志を伝えないと
何も始まりません
みんなで考えてアクションを起こさないと
悔いが残りそうです
きっと魚たちもそれを待ってることと思います
Posted by TOKI at 2007年09月26日 22:49
BOBさん こんばんは
道南の渓魚たちは天然物が多いのでしょうか?
イワナの放流はないと思われますので、自然繁殖
したものでしょうね。
放流に関してはわからないことばかりなので機会が
あれば教えて下さい。
Posted by 釣野 at 2007年09月27日 18:28
TOKIさん こんばんは
TOKIさんの「渓流in北海道」を見て堰堤に対する
意識が随分変わりました。そうやって川を歩くと
本当に不必要な堰堤が目についてきます。
なんかアクションを起こすときは個人ではなく
団体の方がいいのでしょうね。川が生きかえれば
海も生き返るって言いますし・・(ちょっとピント
がずれました)
Posted by 釣野 at 2007年09月27日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56997867

この記事へのトラックバック


Excerpt: 支笏湖支笏湖(しこつこ)は、北海道千歳市にある淡水湖。支笏洞爺国立公園内にある。地理北海道南西部に位置する。平均水深265m、最大水深363mは田沢湖に次いで日本で2番目に深い。面積は日本で8番目、カ..
Weblog: 湖の森
Tracked: 2007-09-29 13:11