2008年01月30日

千歳川・フライフィッシングの原点

僕がフライで最初に魚を釣ったのは千歳川でした。
フライの道具を揃えてから10回ほどの釣れない釣りを数えた後
初めて釣った(釣れてくれた?)のが写真のヤマメです。
この時はすごく感動しました。自分で巻いた拙い毛針に魚が
飛びついてきたことや、ヤマメが釣れたことは嬉しいショックでした。
おもわず「やった〜!」って声を出したこと、覚えています。

19931.jpg

しばらく千歳川通いが始まりました。朝早く高速に乗り、川で釣り、
2時間ほど釣ってまた高速に乗って帰ってくる。そして仕事へ・・
バブリーな時代と釣りへののめり込みが重なった熱い時期でした。
休みには子供達もよく連れていきました。

19934.jpg

この川は支笏湖を水源としているので、極端な水量の増減や、濁り
がありません。川底には梅花藻が生えていて釣り人を癒してくれます。
千歳市内を流れ、また札幌に近いせいもあり、いつも釣り人で賑わって
います。大物が釣れなかったせいか足が遠のいていましたが、僕の
フライフィッシングにおける原点の川であることには変わりありません。

06050010.jpg

今年は一度くらい行ってみようっと。


posted by yag at 17:31| Comment(12) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釣野さん こんばんは。
フライフィッシングの原点が千歳川、イイですねぇ。
私の原点は支笏湖だったかなぁ?あれ、小樽内川だったかなぁ?
千歳川は通るたびに、フライフィッシャーが優雅なループを
描いていたので、何となく腰が引けて数回しか行っていません。
今年行かれるのでしたら、是非ご一緒させてくださいね!
その際には、フライデビューしてみようかな?
Posted by かげまる at 2008年01月30日 19:54
こんばんは。
この川では一度も釣りをした事がありません。
尻別川と同様に何となく気後れがします。
やはり上流の美笛川の方が自分にはむいていると思います。
美笛川は好きな川の3本指に入ります。
Posted by 『かわせみ』 at 2008年01月30日 20:02
釣野さんこんばんは。
近郊キングの原点ここにありですね。
たしかに千歳は水も綺麗だし魚も沢山いるから、そう
大きなのを望まなければ朝チョコには最適です。
でも高速を使っての朝チョコは贅沢ですよw

情報ですがデカブラウンのポイントを今度こっそり
教えますね。
でもスレまくっていて簡単には相手をしてくれないようです(笑)
Posted by yamame at 2008年01月30日 23:11
お早うございます。
千歳川は行ったことありません。
テンカラではちょいと無理がありそうで。
でも今年は他のスタイルで挑戦してみようかな?
Posted by μ at 2008年01月31日 08:17
かげまるさん おはようございます。
僕にとってこの川は最後の切り札の川でした。
十勝遠征でボを喰らった時、然別でボだった時
この川に寄って魚の顔を見て帰りました。釣れる
魚はほとんどがヤマメでしたが、時にはチビブラウン
も出ました。気が急いていて高速下でネズミ取りに
引っかかったこともあります。思い出がいっぱいの
川です。
Posted by 釣野 at 2008年01月31日 09:53
かわせみさん おはようございます。
そうですね。この川、幅があってエサで釣るとなると
かなり長い竿が必要ですね。でもいろんなジャンルの
釣り人が入っていますよ。しかも子供から老人まで。
釣れる釣れないは別として魚は結構居る川だと思います。
ただかわせみさんの場合はやっぱり美笛が似合ってますね。
Posted by 釣野 at 2008年01月31日 10:02
yamameさん 呑んでますか?
むかし、烏柵舞のところにある民家の脇に車を止め
「川に入らせてもらいま〜す」って声を掛け川に入り
ました。入ってすぐに大場所があり、上から覗くと
どでかい魚が何匹も悠々と泳いでました。釣れません
でしたが「いつかは釣りたい」と通いましたね。
その場所では12月にシャケが掛かってひどく興奮した
思い出もあります。
Posted by 釣野好雄 at 2008年01月31日 10:09
μさん おはようございます。
千歳川は全体的に流れが重く、早いのですが
ちょっとしたタルミとか浅場やアシ際には魚が
付いています。烏柵舞のポイントで次から次に
魚を釣り上げている釣り人が居ました。それが
僕が初めて見たテンカラ師でした。大きいのさえ
望まなければ結構楽しめる川ですよ。
Posted by 釣野 at 2008年01月31日 10:15
楽しい一時でした 其々にに個性があり 釣りの話になると時間の短いこと短いこと・・・此れからは気楽にお邪魔しますので宜しく
Posted by ゆいのじじ at 2008年02月02日 23:24
釣野さん、お早うございます。
この川札幌近郊としては抜群の環境を保っていますね。
でも支流域がズタズタなのは少し残念でなりません。

話は変わりますが当時からカメラを持っていたなんて釣野財閥の底力を見た思いで御座いますw
Posted by chuel at 2008年02月03日 08:17
ゆいのじじさん おはようございます。

本当に楽しい飲み会でしたね。じじさんがお酒を
飲まないのは意外でしたが、よくぞ酔っぱらい達
に付き合って下さいました。釣りの話をしていると
あっという間に時間が経ちます。いろんな意味で
これからも宜しくお願いします。
Posted by 釣野好雄 at 2008年02月04日 10:43
chuelさん おはようございます。
昨日この川沿いを通ったら、釣り人が4人ほど確認
出来ました。大物伝説の絶えない川だけにビッグトラウト
を夢見て通っているのでしょうね。
ところで写真の方ですが、これはデジカメではなく普通の
フィルムカメラで写したものをスキャンしただけです。
貧乏度合いはchuelさんの上をいきますよ〜
Posted by 釣野好雄 at 2008年02月04日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。