2014年09月09日

ウェーディングシューズ

去年まで使っていたLP社のウェーディングシューズ、
アッパーのトゥのところにほころびができ、放置して
履き続けた結果がこれ(一体どんな履き方したんだ?)
2014090823390002.jpg

その後ろに見えるのがやはりLP社のシューズです。
こちらの方は1年ほど前に購入したのですが、ソール
がすり減ってきて滑りまくるので、現在修理中です。
2014090823370000.jpg

ウエーダーとウェーディングシューズは消耗品と思っては
いますが、今修理中のシューズも不器用な僕の仕事ですから
いつ何時フェルトがはがれるかわかりません。そこで
今のシューズの約半分の値段で新規購入!僕のブーツフット
のウエーダーは全部この社の製品なだけに何となく安心感があります。
2014090823430000.jpg

高いお金を払って欲しい物を手に入れるに越したことはありませんが
消耗品と割り切って安い物を購入するのも選択肢の一つかもしれません。
USER3895.jpg

ソール貼り完了。初めてにしてはまずまずかな?

posted by yag at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

真冬に備えて

厳寒期の釣りに備えて二つのアイテムを揃えました。

まずはブーツフットのウエーダー。現地に着いてしかも雪の中で
ストッキングタイプの準備となると釣りに行く前に凍えてしまいます。
薄手の素材ですが下に着込むことで寒さ対策はバッチリです。
IMGP2672.jpg

そしてフィッシンググローブ。有名ブランドのグローブは全ての
指を隠してしまうか、何本かの指先を露出してしまうかという
デザインが多く、本当に凍える時期には何本かの指が凍傷になって
しまいそうです。某釣具屋さんでたまたま見つけたのがこれ。
5本の指先がカットされていて、親指先は隠すこともできます。
しかも釣りをしない時(林道歩きなど)はミトンの手袋に早変わり。
手全体をクロロプレーンがすっぽりと包んでくれるのでとても暖かい
のです。お値段も1100円とリースナブル。
IMGP2702.jpg

さて、防寒対策もバッチリですから、あとは釣るだけですね。
posted by yag at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

意外なものが!

釣り上げた魚の口に意外なものが・・
その1:僕のフライをひったくっていったイワナを直後にエサで大魔神が釣った写真
P8170003.jpg

その2:誰かさんのルアーをくわえたまま僕に釣られてしまったニジマス君
IMGP1929.jpg

その3:大魔神の切られたハリスを飲み込んでいるニジマスが、懲りずに釣られてしまった写真
IMGP2394.jpg

いや〜、魚って何考えているのやら・・・自分も似たり寄ったりかな。
posted by yag at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

忘れられない一匹

先日大魔神に連れて行ってもらった川で僕のフライ人生で初となる56センチものニジマスを、なんとドライフライで釣り上げることが出来ました。その忘れられない一部始終を大魔神がカメラに収めていてくれましたのでここにアップします。まずはこんなところで釣れました。これだけは自分が撮った写真です。
IMGP0232.jpg

ここからは大魔神が写してくれた写真です。ヒットしました!ロッドが大きく弧を描いてます。
vvc 252.jpg

上流に走られています。
vvc 253.jpg

ロッドとティペットを信じて再び引き寄せます。
vvc 254.jpg

少しずつ後ずさりしながら・・・
vvc 255.jpg

もう少しです。魚は岸際まで来ました。この後大魔神が撮影を中断して魚を陸に放り投げてくれ、ランディングに成功しました。
vvc 258.jpg

大魔神の撮影再開です。横たわるニジマスとメジャーを探す釣り人
vvc 259.jpg

元気よく飛び跳ねるので、あらあら砂まみれになっちゃいました。
vvc 261.jpg

記念撮影するんだから、一回きれいにしましょうね。
vvc 263.jpg

満面の笑みで「はい、ポーズ」
vvc 268a.jpg

弱らせちゃってごめんよ。でもまた遊んでね。来年は60オーバー、って僕と一緒だ。
vvc 275.jpg

ということで、貴重なシーンをカメラに収めてくれた大魔神に大感謝です。単独釣行ならこうはいきません、奇声を発して魚の写真を撮って終わりですからね。で、またまた人様の写真で記事を書きました。すみませんです。


posted by yag at 11:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

大魔神からいただいた写真

先日の釣り、大魔神が写してくれた写真をアップしてみます。
まずは入渓早々の写真、朝靄の中の釣り人っていう構図でしょうか。
vc 055.jpg

大魔神との釣りでは必ずやらなければならない儀式「あっ、バレた〜!」
vc 064.jpg

今度は逃がさないぞ、でも斑点あるのか?
vc 071.jpg

おや、何か釣ったようですが喜んでる様子では無いような?・・・・
vc 132.jpg

おっとまた何か釣りましたね〜。結構良いサイズのようですが・・斑点が無いよ〜
vc 174.jpg

というわけで、大魔神が写してくれた写真をアップしてみました。えっ、人の写真で記事書くな、って?
とはいえいつも綺麗な写真を撮ってくれる大魔神に感謝の意を込めて・・・また書きますよ〜
posted by yag at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

効果の程は?

冬場の入渓に鬼門となるあの下り坂・・・
斜面の地盤がカチンカチンに凍っていて
フェルトの靴底では滑りまくりで危険な
思いも何回か経験しました。
で、次回はこれを靴にセットして坂を
下りて見ようかな、近くの靴屋さんで
見つけた安物ですが、どうなることやら。
PC210002.jpg
スパイクピンがいかにも心もとないですけど・・・
PC210006.jpg
参考までにbianchiさんのこの坂対策グッズは・・・
IMGP0547_convert_20111214015523.jpg
う〜ん、本物とオモチャって感じですね〜。
(bianchiさん、画像お借りしました)
追記:12月23日金曜日に早速使ってみました。
装着脱は至って簡単、雪の下の固い氷にも滑ることなく
坂を下りることが出来ました。結構いいみたい。
posted by yag at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

連続写真

先日の釣行でTOKIさんが撮ってくれた写真です。
上のプールでニジマスがヒット!3番ロッドが弓のようにしなります。
vc185.jpg
魚は一気に下流に走り出しました。
vc188.jpg
逃がしてなるものか、顔つきが案外真剣です。
vc189.jpg
足元が滑るので慎重に移動します。魚は左下のスペースにズリ上げる作戦。
vc193.jpg
ランディング成功!やったね。
vc197.jpg
はい、記念写真ですよ。いい顔してね!
PA070047.jpg
TOKIさん、いつも素晴らしい写真有り難うございます。
posted by yag at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

ヒットヒットヒット!

先日の釣り、大魔神が写してくれた
ヒットシーンの数ショット、まわりの
ロケーションも含めてあまりにも素敵
なのでアップしちゃいます。
acc054.jpg

acc116.jpg

acc126.jpg

acc155.jpg

大魔神様、ナイスな写真ありがとうございます。
posted by yag at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

2011年6月 道央の川

先日大魔神と道央の川に釣りに行ったときに
彼が沢山の写真を撮ってくれました。腕のせいか
カメラのせいか、はたまた年のせいか僕の写した
ものとは雲泥の差があります。勿体ないので
何枚か公開します。写真の出来映えもさること
ながら、シャッターチャンスなども絶妙なところが
ありますね〜

まずは魚とジャンケンです。ジャンケンパー、って君は
パーしか出せないんだったね。
ac036.jpg

木の枝を釣るのは得意中の得意、フライは無事回収しました。
ac131.jpg

魚を集めて手話でのやりとり、おい君、ちゃんと聞いてるか
って聞こえないから手話だった〜
ac134.jpg

なんだなんだ、背中がかゆいよ〜
ac193.jpg

実は背中のネットを外していたのでした。
ac196.jpg

大魔神(さん)、今回も素晴らしい写真の数々どうも有り難うございました。
ac112.jpg

posted by yag at 18:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

おかしな釣り人

いただき物の写真の中には?と首を傾げたくなるようなものが時々あります。
今回もそんな写真を数枚公開します。

相変わらず変な方向にキャストしてます。いったいそこに何が居るんだ?(撮影:halさん)
Ph9240026.jpg

魚をクルクル回して無邪気に遊ぶ釣り人(撮影:halさん)
Ph9240029.jpg

あらら、ロッドが短い?ティップが何処かに飛んでいき笑ってごまかす釣り人(撮影:大魔神)
vc036a.jpg

で、最後は「大魔神クマになる」の図(撮影:中年おやぢ)
誰です、クマじゃなくて○○だ!何て言う人は?
P9240043.jpg
posted by yag at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

バケノ沢川

先日の釣りの事、最近マイブームの小河川探索です。どうしても
気になる川(沢?)があったので、入ってみました。

本流との出合いはこんな感じです。この上はいったいどうなっているのかな?
P9170020.jpg

思った以上にヤブがきつく、チョウチン釣りさえままなりません。
P9170015.jpg

数百メートル上がったところで、滝の音?堰堤?地図には堰堤も滝も
載っていませんでしたが・・・更に進むと目の前に滝が・・・
P9170020.jpg

立派な滝です。落差20メートルはあるでしょうか。
P9170019.jpg

滝壺ですが、水しぶきのため近寄れません。
P9170021.jpg

これ以上釣り上がるのはどうやら無理なようです。
この沢、滝まで距離がないせいか、魚からの反応はありませんでした。
でも、意外な滝の出現でプチ得した気分になった探索でした。
http://www.kitanotaki.net/falls/eniwa/bakenosawa.html
posted by yag at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

バリバリな釣り人

先日の釣りで、同行していただいた大魔神さんから
綺麗な写真が届きました。HPとは別バージョンで
アップしてみました。でも大魔神さんの写す写真って
僕と違ってどうしてこんなにちゃんと撮れるのかな〜

まず最初に入った川の色はグリーンがかったミルク色です。出ろ出ろ〜
u 047.jpg

これは隣の川です。川底に500円玉を見つけたので必死に拾おうとする釣り人。
u 063.jpg

とにかく川原が開けていて、釣りやすいのです。釣れないけど・・・
u 078.jpg

どうやら魚がヒットしたようです。でも川は後ろにありますね??
u 098.jpg

手前が36センチのイワナなのに僕はいったい何を写しているんだろ?石か?
u 102.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・(撮影:中年おやぢ)
P9090014.jpg

ビビリながらクマの足跡を撮影する釣り人、それじゃまともに写せないでしょ。
u 135.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・(撮影:中年おやぢ)
P9090021.jpg

延べ竿を借りて、リベンジだい!って何のリベンジだ?
u 182.jpg

空はどこまでも青く、釣り人は足を攣らせながらどこまでも歩くのでした。
u 033.jpg

大魔神さん、今回もお付き合い有り難うございました。
おまけに綺麗な写真もありがとうございました。今回も
またブログネタに使わせてもらいました m(_ _)m
posted by yag at 16:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

ガマノ沢川

次に向かったのはこんな川です。
P8260033.jpg

この川は湖に流れ込む川でもちろん初めてです。
林道に架かる橋から急斜面を降りての入渓です。
チョウチン釣り僕のフライに飛びついてきた一匹目。
P8260029.jpg

大きな岩やら小滝が連続します。ところどころ
にある深みからは必ずと言っていいほどイワナが
出てきます。
P8260035.jpg

沢に棲むイワナたちは体色が濃い?陽射しが弱い
からそうなるのでしょうね。
P8260031.jpg

短い区間で大物こそ出ませんでしたが、沢山の
イワナたちが遊んでくれました。沢川での釣りは
最近ちょっとしたマイブームです。こんなところに
こんな魚がというワクワク感が楽しいですね。
この後、定山渓の白井川に行ってみましたが濁り
のため(先週もですけど)釣りにならず、ラルマナイ
でニジマス一匹釣ってこの日の釣りは終了です。
釣りって楽しいですね。
posted by yag at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

松山沢川

というわけで、本命としていた川の中流部が濁りの
ために釣りになりません。夕張方面に抜けて上流に
向かうか?ま、とりあえず札幌方面に戻ろう。途中
良い川があったら入ってみようか。というノリで。

最初に出合った川はこの川に左から流れ込む支流です。
P7060018.jpg

ぬるぬると滑るわ、魚君の反応は無い、おまけに少し
釣り上がったらいきなり堰堤です。こりゃ駄目だわ。

次に入った川はこんなトンネルがありました。右、左?
P7060020.jpg
こんな川でもちょっと上を詰めてみましょう。なぜなら
さっきの川と違い入ってすぐに魚の反応があったからです。
P7060023.jpg

こんな細い川のこんなポイントから意外や意外
P7060022.jpg

こんな良型のニジマスが、サイズは25センチくらい?
さらに上を詰めるとこんなポイントが現れ
P7060026.jpg

こんなニジマス君も。27センチ泥まみれ。
P7060025.jpg
更に釣り上がると、こんな渓相も。
P7060031a.jpg
ということで全く知らない川で結構楽しく遊ばせてもらいました。
十分満足したので今日はこれにておしまいです。
posted by yag at 20:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

絶景と恐怖の川(付録)

昨日の釣行で大魔神さんが沢山写真を写してくれました。
記録として残しておきたいので、ここに付録としてアップします。

まずはファーストヒットのシーンから.それにしても新緑が綺麗ですね。
a059.jpg

サイズは小型のニジマス君ですがまずは「ボ」回避です。嬉っ!
a061a.jpg

静かに(でもないか〜)ポイントに近づく釣り人。水は限りなく澄んでいます。
a114.jpg

引きつった顔でヘツる釣り人(拡大してご覧下さい)表情はわかりませんね。
a119.jpg

フライボックスを落としてしまい慌てて拾い集める釣り人、焦っ!
a131.jpg

またしてもヘツる釣り人(フェルト薄っ)
a155.jpg

高巻く釣り人(岩肌の植物はあてに出来ません)怖っ!
a205.jpg

というわけで大魔神さん、写真ありがとうございます。
いろんな体験が出来てとても楽しかったですよ。
今日明日は筋肉痛に悩まされそうですが・・・(年か〜)
posted by yag at 13:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

道央の川2

さて、時間もあることだし次なる川に行きましょう。
とやってきたのは遠幌加別川です。先々週は濁って
いて早々に退散しましたが、この日は濁りも取れて
いい感じです。では早速釣りを始めましょう。
P6010023.jpg

入渓早々結構型の良いニジマス君が挨拶に出てくれました。
P6010024.jpg

渓相はとても良く林道がそばを走っているのでどこからでも
脱渓できるという安心感からどんどん釣り上がります。
P6010031.jpg

そこそこのイワナ君やニジマス君が遊んでくれました。さらに
上流に行くと突然古い堰堤が出現しました。この上には
もう一つ堰堤があり、悲しいかなその間に魚は居ないようでした。
P6010035.jpg

次に向かったのはメロン川です。前々回tokiさんと来たとき
より、更に水量が減っていて、チョロチョロ状態です。それでも
ちょっとした深みからは写真のような小ニジが釣れてくれます。
P6010039.jpg

突如現れる巨岩地帯、そこの深みでは痛恨のアワセ切れです。
tokiさんが50オーバーにテグスを切られたポイントでは
20弱の息子が父親の代理で挨拶に来てくれました。
P6010041.jpg

2週続けて雨にやられましたが、この日は久しぶりにお天気最高!
ちょっと汗ばむほどの陽気で楽しく釣りをすることが出来ました。
小さい川での尺上連発、上流に行くにつれ、山岳渓流っぽくなって
いく遠幌加別の素敵な渓相、早くも渇水気味なメロン川、と夕張川
水系のいろんな姿を堪能できました。さて、次回は何処に?
posted by yag at 13:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

道央の川

釣りに行って同行の方に写していただいた写真を
PCの中にしまっておくのはいかにも勿体ない。
ということで前日の道央河川での釣り、アップします。
写真はすべて大魔神さんが写してくれました。
a012.jpg
入渓直後。まだウグイしか釣れてません。

a032.jpg
やっとニジマスが出てきました。

a054.jpg
踊る釣り人

a061.jpg
ジャケットが防水でないのでシャツまでずぶ濡れです。

a074.jpg
その後立ち寄った川は全部こんな色でした。それでもドライの中年おやぢ
posted by yag at 19:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

勇払川

勇払川にリベンジすべくやってきました。果たしてリベンジなるか?
先週は一度魚が出てきただけでその後さっぱり。「ボ」を喰らった川です。
P5100021.jpg
水量は前回同様、やや多めですが濁りは少しだけ引いたようです。

P5100024.jpg
倒木の向こうから元気良く出たのは意外にも「純子」20才でした。

P5100032.jpg
良いポイントが続きます。こんなナイスなポイントからは・・

P5100029.jpg
ナイスなニジマス君が水を割ってご挨拶。礼儀正しいね。

P5100027.jpg


川原にはでかい行者みたいな「コバイケイソウ」が群生していました。

最初の橋から勇振との出合いまで2時間弱の釣りでしたが、予想外の反応の良さに
釣り人はすっかり気分を良くして帰路に着いたのでありました。
posted by yag at 16:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

これはひどいぞ

先日訪れた尻別川支流の支流でのこと。
いつもより川底の石に積もった泥が多いような・・
P9140032.jpg

釣り上がっていくと突然視界を遮るものが・・これは何だ?橋か?
P9140035.jpg

どうやら重機が川を渡るために作られたようだ。
太い丸太が両サイドに、中にも丸太、その上に土砂を
積んで橋を作ったようだ。ずいぶん荒っぽい仕業だな。
P9140036.jpg

河畔林がチェンソーで無造作に切り倒され、その倒木で
川はあちこちで寸断されている。それでも魚たちはその間で
必死に生きていた。
P9140037.jpg

役所の許可を得ているのだろうか?例え私有地としても
許容範囲を超えている気がした。あまりにもひどい。
posted by yag at 16:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

近郊の川・探釣記

最近よく行く川の上流部、未踏の場所に行ってみました。

P8190040.jpg
まずこの沼を超えてと(ズブズブ埋まります)


P8190042.jpg
おっと、こんなナイスなポイントが・・

P8190038.jpg
おお、ナイスなイワナ君!嬉しいねぇ

P8190052.jpg
渓相も荒くなってきました。更に上を目指します。

P8190047.jpg
おお、イワナ君、またおぬしか〜

というわけで、思いの外渓相も良く、魚もいっぱい居ました。
posted by yag at 11:28| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。