2007年05月28日

釣れちゃったものは・・・

05270011.JPG


数日間降り続いた雨と雪代で、近郊の川はどこも釣りにならない。
そんな中で唯一何とか釣りになるポイントを美笛川で見つけた。
この川で釣れる魚はヤマメ、イワナ、ニジマス、ブラウンだが
上流域だからヤマメか、あくまでも、もし釣れてくれればの話だ。
chuelさんがその力を証明したフェザントテイルを結んで流れの
弛みにキャスト。瀬尻でマーカーが変な動き、釣れてきたのは
かなり綺麗なヤマメだった。
おかしいかもしれないが自分は禁漁期間という意識が希薄だ。
キャッチアンドリリースが当たり前だという釣りだから、禁漁は
関係ないと思っているのだが、規則はそれも許さないらしい。

いずれにしても、釣れたことは嬉しかったし、釣れちゃったもの
は仕方ない。勿論、即刻お帰りいただいた。


posted by yag at 15:21| Comment(12) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

社台川上流に挑戦

午前8時、社台駅に集合。
さっそく上流を目指して砂利道をひた走ります。
このあたりは道も良いほう。前方はμさんの車です。
へ〜、μさんて意外と安全運転だな〜。

05200002.JPG


渓相は変化に富んでいてとてもいい感じです。
切り込み隊長のμさんがどんどん先を行きます。
僕はカディスを流しますが、殆ど反応がありません。

05200005.JPG


結構上がってきましたが、誰一人として魚の顔を見ていません。
もしかして、全員ボ?とその時、下手で粘っていたかげまるさんが
「釣れましたよ!」とネットに入ったイワナを見せてくれました。
正直言ってこのときは、我が事のように嬉しかったです。
かげまるさんのブログでは31センチですが、本当は32センチです。

05200009.JPG


上流にある大岩を見て、切り上げることになりました。
帰る道の途中μさんが熊の足跡を見つけました。すかさず
「バンバンバン!」と爆竹を鳴らします。僕ははじめて熊の
足跡なるものを見ました。μさんは小熊だと言ってましたが・・

05200010.JPG


この堰堤の所から釣り上がり、川通しに降りてきました。
今日はちょっと筋肉痛ですが、楽しい一日を過ごしました。
朝6時半に家を出て、夜の6時半に戻ってきたので丸半日
釣りをしたことになります。皆さんありがとうございました。

05200011.JPG


posted by yag at 11:24| Comment(12) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

支笏湖

05060003.JPG

フライを初めて数年間、夢中で通った支笏湖。
いまだに大物には出会えていないが、小物なら数え
きれないほど釣っているのが自慢と言えば自慢。
ひとり静かな湖畔で釣りをしていると近くで「ザッッ
バーン!」誰かが飛び込んだのでは?と思えるほどの
ライズがあったりする。早朝、湖面を被っていたもや
がスーッっと引いていく光景は感動ものだ。
釣れる釣れないは別として、沢山の思い出と感動を
与えてくれた支笏湖。今年は一回くらい行ってみるか。
posted by yag at 17:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

初めての30オーバー

19944.jpg

フライを初めて今年で17年になります。
何度も釣れない釣りを経験しましたが、川があれば
ロッドを振っていました。当時は20センチくらいでも
大喜びしていました。初めて自分にとっての大物が
釣れたのは3年目鵡川支流のポロカトマム川でした。流れの
ヨレに落としたフライが見えなくなりました。ロッド
を立てると魚の反応、しかも今まで経験したことのない
引きでした。心臓をバフバフさせながらやっとのことで
岸に引きずり上げたニジマスは推定35センチの大物でした。
ラインの乱れようで釣り人のあわてぶりが想像できます。
それ以後30オーバーが自分の「大物」の基準です。
最近になって年数本上げられるようになりましたが
それまでの十数年は滅多に大物には出会わなかったような
気がします。
posted by yag at 16:49| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

気合いを入れて巻くぞ!

05090006.JPG


ほとんどまともなフライが残っていない僕のフライボックス。
心を入れ替え、数日前からまた巻きはじめた。お決まりの
カディスだが、3個も巻けば眠くなってくる。巻くのは
晩酌が済んでから、当然結構飲んでからはじめるのだが
手の震えは解消されるのはよいが、今度は眠気との戦いになる。
結果一日3個から4個、一週間で巻けない日もあるので8個
くらいか?藪川だったら1回の釣行で消耗してしまう。
今度の休みは妻とドライブの約束をさせられてしまったので
出番はないかも知れないが、次の週は間違いなく釣りに行くので
沢山巻いて準備せねば。気合いが入ります。
posted by yag at 17:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

虫除け

05080001.JPG

かわせみさんの掲示板で話題になっていた虫除け。
これからの季節の必需品です。自分が使っているのは
写真のボトル、知人にわけて貰ったのですが、何でも
米軍も使っているものとのことでした。実際これを顔
や手に使うと効果はてきめんです。虫に対してそれだけ
威力があるということは、お肌にも悪いって事かも
知れませんね。そろそろ底をつきそうなので、次のは
北見で買ったハッカ油にしようと思っていますが、
効果の方はどんなものなのでしょうか?
posted by yag at 15:54| Comment(12) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

胆振川めぐり

5月6日胆振川めぐり
まず、白老川、大場所すぎて手も足も出ず。
何かいそうな雰囲気はあるのですが・・・

05060001.JPG

次にやってきたのが社台川
ドライフライへの反応すこぶる良し

05060003.JPG

それから別々川へ
この辺りポイントに乏しくロッド振らずじまい

05060007.JPG

最後に樽前川
大きなカディスに小さなアレが・・・

05060010.JPG

posted by yag at 18:21| Comment(12) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

花見の宴

04280012.JPG

4月28日北湯沢の幡渓温泉で花見の宴
が開かれました。バーベキューで盛り上がり
部屋に戻って盛り上がり、盛り上がりすぎて
真っ先に寝てしまいました。楽しかったこと
しか覚えていません。皆さんスミマセン。
写真はこの日のためにかげまるさんが買って
きてくれた桜です。よく気がつく人ですね。
posted by yag at 16:11| Comment(9) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

エサ釣り時代の思い出

19921.jpg

エサ釣りをやってた頃、ヤマメが釣りたくて美国川に
向かった。あいにく前日までの雨で川はコーヒー色。
どこか釣りが出来る川はないか、と流れ流れて裏積丹
まで来てしまった。一本だけやや濁りはあるものの
なんとか釣りが出来そうな川があった。それが盃川。
急な流れのところどころに出来る緩い流れの中から
新子ヤマメが何匹か釣れてくれた。
posted by yag at 17:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

ウエーディングシューズ

04130005.JPG

基本的にはブーツフット愛好者なのだが、ヤフーのオークションで
ストッキングタイプのウエーダーを買ってしまい、シューズも
必要になった。一番最初に買ったのがこれ、某アウトドアショップ
の閉店セールで半額で買えた。ウエーディングシューズの良さは
ブーツフットよりも軽快に遡行出来るところだ。下履きの靴下が
ずれないのもよろしい。難点はグラベルガードをつけていても
小石などが入りやすいことかな。
写真のシューズは、減ってしまったフェルトの張り替えを試み
あまりに大変な作業なので、途中で投げ出し、埃をかぶって
しまったものです。暇をみつけて張り替えを完成させねば。
posted by yag at 17:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ネットリリーサー

04100001.JPG

数年前から、釣り場で見る釣り人の後ろ姿の変化に気づいた。
そう、ランディングネットの向きが上下さかさまなのだ。
昔はみんな一様にグリップの部分は上になっていた。ところが
最近見る釣り人の後ろ姿ではグリップが下の方を向いている。
あれってどうなっているのだろう。調べてみた。どうやら
ネットリリーサーなるグッズが存在するらしい。それって何?
百聞は一見にしかず、釣具店で見てみた。なるほど、マグネット
になっていて、引っ張ればはずれるという仕組みだ。いいじゃん。
ということでネットリリーサー購入。レジ近くに、自作する予定
だったメッシュのランディングネットが格安で売られていたので、
これも購入。と、ここで気が着いた。これってどうやって使うの?
店員さんに聞いた。ネットを外側からまとめる糸の下を通して
セットするとのこと。なるほどね。聞いて良かった〜。
これをベストの後ろに付けたからには、近代的(最新ではない)
ファッション釣り人の仲間入りだ。やったぜベイビィ!
(ネットを自作すると、豪語したわりにはあっさり方向転換、
中年おやぢは変わり身の早さも一流だ、ってスミマセン)

posted by yag at 18:15| Comment(10) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

雪代

05210002.jpg


これからの季節、川には否応なしに雪代が入ってくる。

「雪代のある間は釣れない」が定説だが、はたして

本当だろうか。雪代が入る前にそこに魚が居た。

そして雪代が収まったとき、やはりそこには魚が居た。

となると雪代が入っているときでもそこに魚は居るのでは

ないか、と最近考えている。

名手沢田賢一郎さんも雪代の川で釣っている。

名手でなくてもチャレンジしてみる価値は十分にありそうだ。

ということで、今年の春のテーマは「雪代にチャレンジ」

但し、濁りがあまりにもきつければ、次の川をめざす予定。

(写真は雪代のラルマナイ、幾分収まってきた頃)
posted by yag at 13:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

釣り人のメジャー

Im000406.jpg

魚が釣れると、小さなものはともかくそこそこの
サイズだと、とりあえずメジャーで測ってみたりする。
釣り上げられた魚は飛び跳ねるから、ゆっくりと測る
のはまず無理だ。早く水に戻してあげねばとの焦り
もあって、だいたいはいい加減に測ってしまう。
写真にメジャーも入れて写すとなると、さらに大変だ。
じっとポーズをとってくれる訳がない。クネクネ動くし。
結局いい加減に測った数字が公表?されてしまう。
目測だともっとひどい。多分20センチは23センチ位
30センチなら35センチへくらいに見えるのかも・・・
釣り人のメジャーっていい加減だ(自分だけか〜)
写真は45センチのニジ。写すときに動いたものだから・・
42センチになってしまったではないか。
posted by yag at 18:57| Comment(12) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

カゲロウ

07100003.jpg

水棲昆虫ついでに、今日はカゲロウの写真を
載っけてみました。ラルマナイ川でプールに
プカプカ浮いていました。魚に食べられる瞬間が
見られるかも知れないと思い、じっと見ていたの
ですが、魚は出ずに、下流に流れていってしまい
ました。もっとも写真を撮るのに近づいたので
魚も出ては来られなかったのでしょう。
結構大きいサイズだったので、コカゲロウでは
ありませんが、カゲロウもやたら種類が多いので
名前は皆目分かりません。
それにしても上手に水の上に乗っているものです。
posted by yag at 14:36| Comment(9) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

カワゲラ

09120006.jpg

写真はカワゲラの成虫。ストーンフライと言われている。
あの石を裏返しにしたら、そこに更に小さい石で巣を作り
割ってみると中から虫がでてくる。それが羽化したのがこれ。
フライパターンにもこれを模したものがあるが、いまいち
良い結果につながらない。同じ水棲昆虫のカゲロウやトビケラ
に較べたら、水面での時間があまりないのかも知れない。つまり
魚たちにあまり認知されていないのかも・・・と、これは自分流の
勝手な解釈だが、もしかしたらあの殻から出てきたときに食われて
しまうのかも知れない。いずれにせよ、昆虫博士ではないので
田代兄弟ほどの知識は必要ないと思っている。
posted by yag at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

ドライフライでの挑戦

0904.jpg

ドライフライでの釣りは面白い。
何がって、水面を割って魚が出てくる一瞬はたまらないし、
フライフィッシングの醍醐味がぎゅっと凝縮されているようで
やめられない。魚はあそこにいる、どう流そうか、あそこに
流したら魚は必ず出てくる。そう読んで、狙い通りのところに
フライがキャストされ、狙い通りのところで魚がガバッっと
水面を割って出てくる快感は何事にも例えがたいものだ。

フィッシングプレッシャーの強い札幌近郊で釣りをやっていて、
去年までは尻別川での35センチがドライでの最大サイズだった。
ドライで大物はなかなか難しいと聞いていたので、そんなものか
と思いながらの昨年秋の白井川。特段、大場所でもないポイント
ででかいエルクに飛びついてきたのが、ドライでの記録となる
40センチのビッグなレインボウだった。
これがきっかけでビッグフライ=ビッグトラウトの方程式が再び
自分の中に復活した。(本当は小さいフライが見えないだけだ)

今年は例年以上に大きなフライを巻いて、今まで以上でっかい鱒
を狙ってやる。釣り人の意欲だけは満々だが、はたしてどんな年
になるのだろうか。早く来い、ドライシーズン!
posted by yag at 13:19| Comment(7) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

生まれ故郷の川

11200001.jpg


僕が生まれて13歳まで育った佐呂間町若佐。
そう、去年竜巻で9人もの方が亡くなった町だ。
その現場から1キロほど行くとこの川をまたぐ。
「武士川」という名前。少年時代、何度も
魚すくいに来た川。ヤマメがバケツいっぱいに
なるくらいすくえた。ついでに近くの畑から
スイカを失敬したりして、暗くなりかけた砂利道を
仲間達と急いで帰ったものだ。
一昨年訪れた時は、ずいぶん川が細くなったと
感じたものだが、逆に言えば自分が太くなった
せいなのかもしれない。
posted by yag at 17:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

オフシーズンって?

03260005.jpg


まったくあきれかえってしまう。

フライマンやルアーマンが冬場の釣りの唯一の
選択肢として海アメ釣りを志向するのは知っていた。
しかし、このブログからリンクさせていただいている
方たちの釣りは尋常ではないに等しい。12月も
1月も、そして一番寒い2月まであちこちで釣りを
しているのだ。その影響で自分も2月から釣りをする
という羽目になってしまった。

この寒い冬の間、魚たちはなかば冬眠状態で、エサに
反応するとは思っていなかったが、どっこい3月の
上旬には自分にも釣れてしまったものだから驚いた。
釣りに行ってない月は1月だけとなった。来年は
多分胆振地方の川に行ってる、と思う。「北海道の川
でも、一年中釣りが出来る。」そんな気にさせてくれる
熱い釣り人がいっぱいいるのは実に楽しい。
posted by yag at 15:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。